ないものはない!お買い物なら楽天市場

海外

土星の衛星に生命存在の可能性

小惑星のニュースに続いて、また宇宙の話題がありました。

NASAは12日、水の存在が確認されている土星の衛星エンセラダスについて、「内部に放射性物質があり、これが熱を発し続けている」との見解を発表したとのこと。
これにより、表面は氷点下約200度だが地下に熱水が存在する可能性が高まり、NASAの研究者は「生命に適した場所が存在する証拠をつかんだことになるのではないか」としているそうです。
また、昨年確認された水蒸気に、窒素ガスが混じっていることが判明し、この窒素ガスがアンモニアが熱分解したものとみられることから、「地中に高温高圧の場所があり、熱水の中で有機物が豊富に合成されたはずだ」と結論づけたそうです。

この広い宇宙で、地球にしか生命が存在しないとは考えにくいので、どこかにはいるでしょう。
必ずしも水を必用としている生命体とは限らなかったりして。・・・これ生命体?
ただ、攻めてくるような生命体はご遠慮願います。
もう人間世界にまぎれ込んでいるんでしたっけ?
う〜ん、ロマンチック・・・。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070313-00000503-yom-soci参照


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。